カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

冬野菜の収穫時期です!追肥をしっかりして最後まで収穫を!

ただいま送料無料キャンペーン中!







当店は土作りのための有機肥料を専門に通販しております。ガーデニング、家庭菜園から農家まで、幅広い方にご利用いただいております。花も野菜も土が変わると驚くほど元気になります。
土作りは長い時間がかかりますが、良い土はスコップを入れた瞬間から違いがわかります。土が良くなると花も野菜も生き生きします。そんな土作りをお手伝いします。

おすすめ商品

有機肥料 ゆうきのススメ 10kg 送料無料 PICKUP

1,200円(税込)
当店自慢の有機肥料です。使い続けると土が変わっていくのが実感できます。ガーデニング、家庭菜園の土作りのために。
トマト、キャベツ、小松菜、トウモロコシ、大葉などの野菜から芝生、サボテン、バラなど非常に幅広い作物で非常に好評をいただいております。

ショップからのお知らせ

  • 送料無料キャンペーン中
    ただいまキャンペーン中につき全商品送料無料です。この機会にぜひお試しください。

  • 少量パックの追加
    初めてなので少しだけ試しに使ってみたい、ベランダで少しだけプランターがある、と言った方にお気軽にご使用いただけるように500gパックを新発売いたします。

    しかも、メール便で送料無料!これを機会にぜひお試しください。

  • ブログモニター募集中です。
    現在、ブログモニターを募集しています。ご応募いただきますと、ご希望の商品1つまで無料でお送り致します。
    ご応募はこちらから
    応募フォームへ


有機肥料と化学肥料

はじめに

当店では堆肥を取り扱っています。世間では「有機肥料は化学肥料(化成肥料)より土がよくなる、環境に優しい」といったイメージがありますが、本当にそうなのでしょうか。

有機肥料とは

有機肥料というのは有機物を含んだ肥料です。有機物というのは炭素を含んだ物質のことですので、そういう意味では尿素も窒素と炭素の化合物なので有機肥料と言うことになります。しかし、一般的には尿素は化学肥料として扱われる場合が多いかと思います。
通常、有機肥料といいますと各種の堆肥、油粕などの天然の有機物を用いて作られたものを言います。また、草木灰などは燃やす際に有機物はほとんど分解されてしまいますので無機物が主体ですが、有機肥料に分類されることも多いかと思います。

有機肥料と化学肥料の区別

塩化カリウムなどは天然の鉱物を精製して作られていますが、化学肥料として扱われます。
しかし、当社の堆肥にも使用していますパーライトは天然鉱物を原料としていますが、化学肥料ではありません。

というわけで、一口に有機肥料、化学肥料といってもその区分はなかなか難しいのですが、すごくおおざっぱに言って

「化学肥料」窒素、リン、加里などの肥料成分を化学合成して作ったもの
「有機肥料」天然の有機物、その加工品で肥料成分を含むもの

というような理解になるかと思います。
なお、有機物で肥料成分を含むものはなんでも肥料として扱われるわけではなく、農林水産省が肥料成分が含まれているとして指定したものだけが肥料として生産・販売をして良いことになっています。

有機肥料の効果

いよいよ本題に入りますが、有機肥料は本当に土が良くなるのか・・という質問の答えは、自信を持って「本当です」と言えます。ただし、化学肥料と有機肥料はどっちが良く効くかと聞かれると、矛盾しているようですがその答えは「化学肥料」です。

植物から見た化学肥料と有機肥料の一番の違いは、植物にとって必要な成分をそのまま含んでいるのが化学肥料で、そのままでは利用できない成分として含まれているのが有機肥料です。

肥料が植物に利用されるまで

たとえば、代表的な肥料成分である窒素。化学肥料では、硫安(硫酸アンモニウム)や尿素などが一般的です。硫安は水に溶けるとアンモニアになります。アンモニアは土の中ですぐに微生物の働きで硝酸に変化します。植物は窒素をアンモニアや硝酸の形で吸収します。だから、硫安は肥料をやったら3日後には葉の色が濃くなるぐらいに素早く効くわけです。
他方、たとえば油粕などの有機肥料は窒素はたんぱく質などの形態で含まれています。たんぱく質は土の中でアミノ酸に分解され、アミノ酸はアンモニアに変化します。こういった分解に時間がかかるため、有機肥料は効果が出るのが遅くなります。
また、この分解にかかる時間は有機肥料の種類によって千差万別です。

肥料の種類と土壌環境

土の環境に与える影響という立場から見ると、有機肥料と化学肥料で一番の違いは、化学肥料では植物が直接必要とする成分のみが含まれているのに対し、有機肥料は肥料成分以外の様々な成分が含まれているということです。たとえば、各種のミネラル、有機酸、糖、アミノ酸等々、アミノ酸のように分解されると肥料成分になるものからそうでないものまでたくさんの物質が含まれます。

有機肥料で生態系が変わる

有機肥料に含まれている様々な物質の影響で、まず細菌などの微生物の種類が多くなります。細菌は種類によって必要とするエサ(基質)の種類が違います。多様なエサがある有機肥料が施肥されますと、それによって細菌の種類が増えるわけです。 細菌の種類が増えると、細菌を餌にするアメーバ、ダニ等々の微生物が増えます。そういった連鎖により土壌全体の生態系が複雑化していきます。
土の微生物の働きが活発化すると、土壌の団粒化が進んでいきます。また、生態系が複雑化すると単一種類の生物が増殖しにくくなります。このため、病原菌や害虫の大発生が起こりにくくなることも期待できます。

例えると、化学肥料=西洋医薬、有機肥料=漢方薬と言ったところでしょうか。有機肥料は漢方薬が体質改善して病気を治すように、土の環境全体から効いてくる訳です。

化学肥料は有害?

従って、化学肥料をやったから直接なにか悪い影響が出るというわけではありません。即効性という意味で捨てがたい部分があるのも確かです。
もし、今年家庭菜園を初めてすぐにちゃんと収穫したい、というのでしたら化成肥料を使うのも一つの手です。そうではなく、気長によい土を作りたい、と言う方は有機肥料をじっくりと使ってみては如何でしょうか。

当店の肥料

当店で販売しております「ゆうきのススメ」は十分な発酵が進んでいるため、有機肥料としてはかなり即効性が高くなっています。有機肥料だけで栽培したい・・と言う方にもお勧めです。